雑音に強い音声認識

人の声を装置によって認識する自動音声認識の技術は古くから研究されていますが、最近では、スマートフォンなどにも搭載されるなど、実用的なシステムに広く利用され、高い有効性が再認識されてきています。
一方、展示会場内や雑踏内での利用など、雑音環境下における音声認識は現在でも難しい問題を含み、多くの研究グループの他、当研究室においても雑音に対してロバスト(頑健)な音声認識の研究開発を行っております。

voice1

主な研究内容

・ロバスト音声認識技術・システムの研究開発
・音声入力インターフェイスの開発
・各種技術
  雑音ロバスト音声処理(RSF, RSA, DRA, FRM)
  音響ゴースト処理(適応信号処理, 知的信号処理)等

 
 

研究成果

・ロビ
Robi_1
レイトロン社と当研究室の共同研究による音声認識技術が利用されているロボットです。

トータルシステム販売:DeAGOSTINI社
トータルシステム設計:高橋 智隆 氏(ロボットクリエーター)
音声認識システム:レイトロン社と北大宮永研の共同研究
「週刊 ロビ/ロビクルをつくる」紹介サイトへ(DeAGOSTINI社)

 
 

音声認識の研究紹介スライド

 
 
←研究テーマ一覧へ戻る

コメントを残す